2015年には65才以上のひとが3.7人にひとり、年金に頼れない時代が来るのかもしれません。 今からコツコツ、あなたの自由で自立したシニアライフを準備しませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山岡賢治とネットワークビジネス

花盛りの美瑛

花盛りの美瑛(夏)




もし毎日200人の人にコンタクトできたらあっという間に成功で きると思いませんか。



人物像は?
旧名、金子賢次。藤野家の婿となって藤野姓となる。義父の山岡荘八(本名は藤野庄蔵)の秘書として、作品の管理などに務めたとされる。賢次は荘八の養子(荘八の後妻の娘の夫)であるため、荘八の血族ではない[1]。現在、賢次が山岡姓を名乗ることができるのは、荘八の死後、自ら家庭裁判所での裁定を求めた結果である。自らのホームページで山岡荘八が国民のための政治と真の平和を切望し、その遺志を息子山岡けんじに託しと書いてあるが真偽は不明。
自由党時代、小沢一郎側近の中で自自連立に最後まで反対したことでも知られている。「小沢の知恵袋」と言われた平野貞夫が議員引退した後、小沢の最側近議員として頭角を現した。2007年8月から国会対策委員長に就任したが「私の国対で、両党協議など存在しない」と語るように強気の運営が持ち味だが、後述の国対委員長に就任以降の公の場における発言が度々問題となることが多い。(ウィキペディアより)




ネットワークビジネスと山岡氏のエピソードとして、
2006年10月15日、伊賀市社会福祉協議会(三重県伊賀市)が、毎月定期発行している広報誌の中で、マルチ商法への注意を呼びかけたことがあります。

ところが、2007年2月28日、流通ビジネス推進議員連盟は「(記事が)業界すべてが悪いとの印象を読者に与えかねない」と主張する意見書を作成し、伊賀市社会福祉協議会に送付しました。
この件に関し山岡氏が会長を務めた「流通ビジネス推進議員連盟」が、マルチ商法から市民を保護する活動を行っていた社会福祉協議会に対し、山岡会長名義で抗議の意見書を送付していたことが明らかになり、社会協議会は国会議員がする仕事とは違う」と批判しました。

なお、2008年、流通ビジネス推進議員連盟は「健全なネットワークビジネスを育てる議員連盟」に改称し、山岡氏は顧問を務めました。同様に、流通ビジネス推進政治連盟も「ネットワークビジネス推進連盟」に改称してます。


ネットワークビジネス成功資料無料進呈!

  • <?php _e('Categories'); ?>

  • | トラックバック(0)件 | コメント (0)件
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する
    メニュー
    記事リスト
    過去ログ

    検索フォーム
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。