2015年には65才以上のひとが3.7人にひとり、年金に頼れない時代が来るのかもしれません。 今からコツコツ、あなたの自由で自立したシニアライフを準備しませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  ネットワークビジネスと法律

ひまわり

ひまわり畑:秋には花ごと土の肥料になります。(美瑛)





特定商取引とは、訪問販売、通信販売及び電話勧誘、販売に係る取引、 連鎖販売取引、特定継続的役務提供に係る取引 並びに業務提供誘引販売取引の事をさしますがネットワークビジネスは、法律的には『連鎖販売取引』と定義されています。

オンラインネットワークビジネススクールに参加しませんか!


ネットワークビジネスが合法と言えどもいろいろ法律での細かな規制があります。
ネットワークビジネスに携わるとき、知っておいた方が 良いと思われるものを書いてみました。


特定商取引に関する法律
代表的な禁止事項
・不実告知(ウソ)で勧誘する事
・故意の事実不告知(知らせるべき事を知らせない事)
・勧誘、契約解除の際に、威圧したり困惑させる事
・勧誘する事を告げずに、公衆の出入りする場所以外の場所に誘う
 事


代表的な広告規制
・特定負担(かかる費用)を明確にする事。
・商品、仕事の内容を明確にする事。
・報酬の条件、金額、根拠を明確にする事。
・勧誘する側は、氏名、住所及び電話番号を明確にする事。
・上記について、契約前に書面で交付する事。
・20日間のクーリングオフ期間を設ける事。



国家公務員法・地方公務員法
国家公務員、地方公務員など公務員は、就業規則違反(副業の規制)にあたる為、連鎖販売取引に加入してはならない。
(会社によっては独自にネットワークビジネスの就労を規制していることもあります。よく確かめた方が良いです。)

薬事法
サプリメントや化粧品を扱う場合、 届出をした内容の範囲を超えた効能効果等を標榜することはできない。


ネットワークビジネスは合法であり、「特定商取引に関する法律」(特定商取引法)第33条で連鎖販売取引と定義される、国から認められたビジネスですが、もうけ優先ではなく、良い品物の流通や顧客の立場を考えたビジネスの展開をけして忘れてはならないのでしょう。
ネットワークビジネス成功資料無料進呈!


  • <?php _e('Categories'); ?>

  • | トラックバック(0)件 | コメント (0)件
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する
    メニュー
    記事リスト
    過去ログ

    検索フォーム
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。