2015年には65才以上のひとが3.7人にひとり、年金に頼れない時代が来るのかもしれません。 今からコツコツ、あなたの自由で自立したシニアライフを準備しませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ネットワークビジネス逮捕事件

親子の木


親子の木(美瑛)



     

 せっかく組織構築した会社が倒産したあなたへ!  


残念ですが、これは最近の逮捕事件の記事です。
(2010年6.1/朝日新聞より)
業務停止の「スタイレック」金商法の無登録で3人逮捕/警視庁

エコをうたい、海外の植林事業への出資を無登録で募ったとして、警視庁は1日、東京都大田区の植林事業会社「スタイレックエンタープライズ」の社長畑山喜一容疑者(52)と役員ら2人を金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで逮捕したと発表した。
(中略)
経済産業省は09年4月、特定商取引法違反(不実の告知など)あたるとして同社に3カ月間の業務停止を命じた。警視庁は同年6月、家宅捜索していた。




連鎖販売取引は特定商取引法で法的に合法なものとして定義づけられていますが、規制強化の流れもあり平成16年の改正法ではつぎのように規制されています。


○契約かいせい締結前や契約締結時の書面交付の義務付け

○広告への一定事項の表示の義務付けや誇大広告の禁止

○不適切な勧誘行為(不実告知、威迫困惑行為等)の禁止

○クーリングオフは20日間(一般の訪問販売は8日間)

○中途解約権の付与



規制強化とは言いますが被害者を出さないためのもっともなことと思われます。

ビジネスを提供する連鎖販売企業側のディストリビューター(分配者を示す言葉。販売員、販売代理店、販社などと呼称される事もある)に対する教育の欠如や違法、問題行動の黙認による倫理上の問題・法的違法性のもとでは今後も問題視される企業が現れる可能性はあるでしょう。





良い品をその人のためにお伝えするという気持ちを忘れず、法的規制を忘れず、ビジネスをしたいですね。



ネットワークビジネス成功資料無料進呈!
  • <?php _e('Categories'); ?>

  • | トラックバック(0)件 | コメント (0)件
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する
    メニュー
    記事リスト
    過去ログ

    検索フォーム
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。